貸切バスを利用してコスト削減|復活した団体旅行

平日に行なう社員旅行

男女

最近都内の会社を中心に社員旅行へ行くと言うのがとても人気になっています。昭和の時代は社員旅行というものが非常に人気があったのですが、平成になると個人主義が多くなってきて社員旅行を行う会社もとても少なくなってきました。しかしながら最近では自分の好きな友達や同僚などと社員旅行に行くことができたり、また家族を連れて社員旅行に参加することができるなど幅広いスタイルが若い年代に受けて社員旅行に行く人がとても増えています。これら社員旅行の平均的な価格ですが国内旅行の場合であれば1人あたり2万円位、また海外旅行であっても韓国や台湾などがあれば3万円位が平均的な価格です。社員旅行ですので、平日等に会社を休んで行くことができまた平日であることから旅行料金を抑えることができます。

最近の社員旅行の特徴についてご紹介したいと思います。先の社員旅行と言うのは、上司が参加しないと言うのがとても多くなってきています。上司が参加しないことで気楽に本当の意味でリラックスし、気分転換ができるというのがとても人気となっています。またもう一つ非常に人気がある旅行というのが、大きい会社であれば、部署等を超えて全く知らない係りの人と一緒に旅行に行くと言うことです。最初はぎこちない関係でも旅行会社の盛り上げによって旅行が終わる頃にはとても仲良くなり、結果として会社の中で新しい連携やつながりが生まれると言うとても良いメリットがあると言うのが特徴です。また最近では、独身の男性社員と女性社員を一緒に旅行に連れて行くなど婚活のような旅行もとても人気になっており若い人が多く参加しています。