貸切バスを利用してコスト削減|復活した団体旅行

社員旅行再開の理由

スーツの人達

インターネットを上手に活用しましょう

社員旅行に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。バブル経済崩壊前は、社員間の交流を深めるために各企業で社員旅行が企画されていましたが、バブル経済崩壊以降は、コスト削減の一環として旅行は中止されることが多くなりました。また、社員の意識の中でも「会社の上下関係がそのまま旅行にも持ち込まれるために行きたくない」との声も多く、社員旅行が行われない企業が多くなったことも記憶に新しいところです。しかし、景気回復傾向にある昨今、社員旅行を再開する企業が多くなりました。インターネットで格安の団体旅行のプランが出されたことも大きいのですが、何より社員自らまた「社員旅行もありだよな」と考えはじめたことが何より大きな理由といえます。

バスを活用すれば格安で実現できます

費用の面でいえば、貸切りバスを利用することにより移動にかかるコストを大幅に削減できますし、その削減した分を宿泊施設に回すことも容易にできるようになりました。プランにもよりますが、1泊2日で、一人あたり10,000円を切るプランも珍しくなくなりました。この程度の費用であれば、企業としても福利厚生の一環として負担できる金額といえますよね。また、かつてのように社内の上下関係がそのまま旅行に持ち込まれることも少なくなりました。もちろん、一緒に旅行する団体旅行なわけですから最低限の上下関係があることは否定しませんが、以前のように大宴会が行われるような社員旅行は少なく、グループごとで食事をするなど企業側も社員旅行にさまざまな工夫をしているのです。社員旅行を再開する企業は今後も増加することでしょう。

旅行会社の選び方

笑顔のウーマン

社員旅行を行なうことで、社員同士のコミュニケーションを活性化させたり、モチベーションを高めたりすることができます。企画提案力が強い旅行会社を選んでおくと、ニーズに合った旅行プランを選択することができます。

More Detail

平日に行なう社員旅行

男女

社員旅行は平日に行なうことで旅費を安くすることができます。行先によって料金も異なりますが、国内旅行の場合は2万円程度、海外の場合は近場の韓国や台湾で3万円が平均です。

More Detail

企業内保有とは

3人の女の人

現在では子供を預ける際に問題が起きているのが現状です。なぜなら、保育所自体が足りてなく順番待ちとしているのです。この際に利用されているのが企業内保有というわけです。

More Detail